スポンサードリンク

電子辞書にフランス語(仏和・和仏)辞書のカードを追加

カードで買うか 本体を買うか

電子辞書を買う場合、新しく本体を買うのが一般的です。

しかし、コンテンツカードによって使える辞書を増やせる場合もあります。
この場合は多少安上がりですね。

コンテンツカードを使った場合、動作が遅いなどの不満を持つ人もいるようですね。
でも、安く済むのは魅力的といっていいと思います。

コンテンツカードはSHARP, SEIKO, Canon CASIO の各社から販売されています。
対応機種が決まっているので、確認してから買うようにしてくださいね。
買ってみたものの、使えないと言うのでは悲惨です。

価格はSHARP の音声否対応のものが安いようです。
4,000円台くらいですね。

それ以外は8,000円から10,000円の間と言った感じでしょう。

各社のフランス語コンテンツカードについてはこちらをご覧下さい。

CASIO はパソコンからデータ送信するタイプも

ちなみに、CASIO はパソコンを使ってデーターを電子辞書に送る形式も取れるようです。
ですから、カードだけでなくパソコン取り込み用CD-ROM も販売しています。

個人的には本体を買いたいなあ

フランス語辞書収録の電子辞書本体を買うと、2万円以上はします。
そう考えると、既に電子辞書を持っている人で、コンテンツ追加の機能が付いている機種の利用者なら新しく買う必要は無いのかもしれません。

ただ、個人的には、新しく買った方がいいような気がします。

フランス語専用の辞書だと、仏和・和仏だけではなく、仏英・英仏・仏仏などの辞書が収録されています。
日本語だとニュアンスが分かりにくいものでも、言語的に近い英語だと分かりやすかったりすることも多いです。

その意味で、どちらかと言うと、新しいものをおすすめします。
まあ、予算と相談という面はありますけどね。
価格にすると倍以上違うし。


フランス語独学【一覧】

スポンサードリンク